韓国のインスタントラーメンの始まりは日本から
CULTURE

韓国のインスタントラーメンの始まりは日本から

By


韓国のインスタントラーメンの始まりは日本から

韓国インスタントラーメンの始まりは三養食品

今では軽食としてラーメンを食べますが、1963年に三養(サミャン)ラーメンが初めて発売された時は、韓国はまだ食に困っている人が多くいました。
三養食品の創業主(チョン·ジュンユン会長)は1960年代初め、偶然ナムデムン(南大門)市場を通りかかった時、人々が一杯5ウォンのおかゆを買って食べるために長い列を作っているのを見て、庶民の空腹を解決しなければならないと決心したと伝えられています。

日本の明星食品からの伝来

三養食品の会長は以前に日本を訪問した時、ラーメンを食べたことを思い出し、悩んだ末、これこそ韓国の食糧問題を解決できる唯一の道だと考えました。
当時、政府主務部署の商工部を説得し、なんとか5万ドルを借りて日本の明星食品から機械と技術を導入し、1963年9月15日、韓国で初めてラーメンが発売されました。

技術伝授とラーメン生産設備の購入において米農林省の協力を得たといいます。 明星食品との提携において、米国の農林部が仲裁者となった理由は、日本のラーメン原料に、当時米国が生産した小麦粉を使ったためだと言われています。もちろん韓国のラーメンも米国産小麦粉を原料に使うようになったそうです。

赤字が出るだろうという役職員の反対にもかかわらず、ラーメン価格を10ウォンで発売し、庶民のお腹を満たしてあげようとしました。



三養ラーメンの味は。

日本のラーメンの影響か、最初は韓国人にとってはややしつこい味と感じたそうです。 後に牛肉と野菜の味に変化したと言われますが、リニューアルされた2世代製品はハムの味になり、その後より様々に味が変わってきました。現在、ハム味という表記はなく、バリエーションとして海鮮味、辛味、うどん味、クワトロチーズ味などが発売されています。

三養ラーメンの発展

三養ラーメンは、韓国初のラーメンとして大きな業績を立ててきましたが、他のブランドの牽制と競争の中で、現在まで人気商品を発売しています。

最近の三養ラーメンといえば、やはりブルダック炒め麺が有名です。やはりユニークな味の商品をたくさん発売しているので、これからどんなラーメンが発売されるか楽しみです。

次の記事では韓国のラーメンブランドについても見てみましょう。



You may also like

Post A Comment

Your email address will not be published.