ENTERTAINMENT

平昌オリンピックへのアクセス

By


こんばんは。

先日のフィギュアスケートの世界選手権、盛り上がりましたね!!

2018年の平昌(ピョンチャン)オリンピックへの期待が

さらに高まりました★

フィギュアスケート男子はもちろん

ノルディックスキー(スキージャンプ)女子、カーリング等

注目競技が多いです!

 

「あれ?韓国なら行けなくはない距離だし、休みとって行けちゃうんじゃない?」

 

ふと、そんな考えが頭をよぎった方もいるのではないでしょうか。

今回は、そんな方々へ、平昌オリンピックへのアクセスをご紹介したいと思います。

 

 

【平昌オリンピック概要】

オリンピック  2018年2月9日(金)~25日(日) 7競技15種目

パラリンピック 2018年3月9日(金)~3/18(日) 6競技

 

JTBホームページより

 

「平昌オリンピック」と言われてはいますが

平昌では髙梨沙羅選手で有名なスキージャンプやノルディック複合、

江陵ではフィギュアスケート等アイスリンクを使う競技が開かれるようですね。

 

JTBホームページより

 

【個人手配で平昌へ】

①観戦チケットの単券販売→「ぴあ」(http://pia.jp/piajp/v/ticketpyeongchang/)でチケットを取る

&各社で宿泊施設を確保・各社で航空券を取る

②またはJTBなどを利用して「チケット&宿泊」or「チケット&航空券」を取る

高速道路やKTX(鉄道)などで現地へ(下記参照)

 

【ツアーで平昌へ】

観戦ツアーは指定旅行会社 以下3社に決定しました。

株式会社ジェイティービー

http://www.jtb.co.jp/sports/pyeongchang2018/tour.asp

 

KNT-CTホールディングス株式会社 近畿日本ツーリスト,クラブツーリズムなど  <企画中>

http://sports.knt.co.jp/

 

東武トップツアーズ株式会社 <企画中>

https://www.sports-tokyo.jp/top/

 

ツアーはチケット込みの金額で設定されると思います。

JTBの第一弾ツアーは 一人当たりなんと 598,000円!!!

 

【アクセス情報】

現在開催時期に向けて、仁川国際空港やソウル市内から開催地まで

高速道路のアクセス拡張、高速鉄道(KTXオリンピック線(仮))開通などが進められています。

もちろん仁川だけでなく、金浦空港に降り立っても、行くことはできます。

 

高速道路で:ソウル→平昌(180km) 現状:約3時間→約1時間~1時間半 (仁川国際空港→江陵 約2時間)

鉄道で :ソウル清凉里駅⇔江陵  現状:5時間強→2時間 (ソウル→平昌 約1時間)

 

では、現在のアクセスは??

高速道路で:

仁川国際空港(金浦空港経由)→江陵バスターミナル  210分=3時間30分

 

鉄道で :

現在は原州から江陵まで建設が進んでおり、平昌、江陵を通り越した

正東津駅まで運行してしまう?のだそうです。

韓国の鉄道時刻などの検索はこちら↓

http://www.letskorail.com/ebizprd/prdMain.do

 

鉄道で行くのは時間もかかるし乗り換えもあるので、

できるなら高速バスで行くのが良さそうです!

 

高速バスターミナルからアイスアリーナまではタクシーで10分ほどとのこと。

平昌エリアのスポットまでのアクセスをお伝えできずごめんなさい。

また新しい情報が入ったらお伝えします!!

 



You may also like

Post A Comment

Your email address will not be published.