韓国の大手映画館CGV 超面白ポップコーンキャンペーンとは

2017年4月1日、エイプリルフール。
日本でもいろんなキャンペーンが行われたお店が多かったと思います。
こちら韓国も同じです。
韓国の大手映画館チェーンの一つCGV( http://www.cgv.co.kr/ )。
そのCGVが3月31日に公開したキャンペーンがこちらでした。

内容はCGVが直営ポップコーン農場を運営して、ポップコーンの木の栽培に成功したということ。
CGVの担当者によるとソウルで1万平米のポップコーン農場の運営に成功し、
4月1日に感謝のキャンペーンが行われるということでした。

お客さんたちはエイプリルフールのウソだと思いましたが
そのキャンペーンのお知らせが詳しいからか、
‘えーまさか本当?‘ という反応が多くありました。
CGV キャンペーンのお知らせ
4月1日、午後4時1分から午後7時までポップコーンのコンボセット以上を注文した方に
本人持参の箱にポップコーンを提供するキャンペーン‘想う存分ポップコーンケース‘がおこなわれます。

– 場所:CGV映画館売店
– 日程 : 4月1日土曜日 ・午後4時1分~午後7時
– 参加方法 :
① ポップコーンを入れるケースをきれいに洗う
② 売店に訪問してコンボメニューを購入
③ 用意した箱を渡しながら”いっぱい入れてください!”と注文
– 注意事項
① 常識の範囲内の大きさに限ります。
② 映画鑑賞の際、他人に邪魔になるくらいのサイズを持ってくると店員から怒られます。
(ドラム缶、浴槽、米びつなどを持って来たら警察を呼ぶこともあります。)
③ ビニールのように形態が固定されないものはだめです。
④  現場は混んでいますので先に箱を用意してください。
⑤ 恥ずかしさが半端ないと思いますので心構え必要。

【例】
O : 鍋、フライパン、冷蔵庫用キムチケース、やかん、洗面器、水桶、ひょうたん など
X : ドラム缶、スーツケース、ゴミ箱、業務用寸胴鍋、浴槽、家庭用のプール など

何か注意事項がすごい感じがします。
実際、4月1日のCGVはどうなったのか、本当にそのエイプリルフールのキャンペーンは行ったのか。

これが実際のお客さんたちの写真です。

結果は大盛況!
禁止になってた大きすぎる箱でも問題なくもらっていますね。
皆さん楽しそうな表情ですね。

CGVのエイプリルフールのキャンペーン、来年も楽しみです。